新世界ロマンスオーケストラ

NEW TOPICS

ABOUT

上田竜也約3年ぶりの主演舞台で初コメディー!演じるのは浮気性のサイテー野郎?!

2009年に主演舞台「ロミオとジュリエット」で初舞台にしてシェイクスピア作品に挑み、2014年には「冬眠する熊に添い寝してごらん」で蜷川幸雄演出の洗礼を受け、狂気を抱える難役を見事に演じ切り、2015年には岩松了作・演出舞台「青い瞳」で作品のカギを握るキーパーソンを演じ、出演する作品ごとに深い爪痕を残し、その演技力を評価されてきた上田竜也。これまでシリアスな作品・役柄と向き合ってきた上田が、初めてコメディーに挑みます。しかも役はなんと、間もなくメジャーデビューとなる大事な時期を迎えたバンドマンでありながら、複数の女性に何股も掛けているというサイテー野郎?!役の為には坊主になるなどストイックな役作りで知られる上田が、このモテ男役にどのように挑むのか、ご注目ください。

脚本・演出は、若手最注目の劇作家・演出家・女優の根本宗子。「男性が中心にいて、周りに女子が群がっているハーレムな感じで、でもラブシーンなし、な作品をいつか作ってみたい、そんなことが成立する男性はめったにいない!今回がチャンス!!」と本作を書き下ろしました。ウェブドラマや映画の脚本も手がけ、各方面から注目を浴びている根本が東京グローブ座に初登場します。

主人公を翻弄する、6人の美女と1人の男。個性豊かなキャストが結集!!

上田竜也演じるバンドマン・拓翔を巡って、駆け引きを繰り広げる女たちと鍵を握る一人の男に豪華なキャストが結集致しました。映画・ドラマ・舞台と数多くの作品でその無垢な存在感が注目を集めている清水くるみ、16年に公開された映画「過激派オペラ」の大胆な演技が記憶に新しい早織、若手女優で結成された劇団「ハーベスト」のリーダーを務め、映像でも注目の青山美郷、モデル・女優として活動し、その個性的なキャラクターが注目を集めている長井短、拓翔を取り囲む唯一の男性に、俳優、声優、ナレーター、に加えて小説・コラム執筆など幅広く活動している大人計画の宮崎吐夢、映像作品・舞台はもちろんのこと、抜群のコメディセンスを生かしてコント番組への出演など幅広く活躍する西田尚美、そして根本宗子。この個性豊かなキャストたちが拓翔を翻弄し、窮地へと追い込んでいきます。

ストーリー
メジャーデビューを目前に控える人気バンド、「新世界ロマンスオーケストラ」略してセカロマのボーカルの拓翔はとんでもない遊び人。本命の彼女がいるにも関わらず、2股どころか6股交際をしていた。

ある日メジャーデビュー曲の打ち合わせで「ただのラブソングだ」とバンドメンバーから非難を浴びてしまう拓翔。頭を悩ませた結果、拓翔は本命である玲奈に別れを告げる。しかし、このことが彼の人生を大きく左右することになる……。
PAGE TOP